オリジナルピンバッジの作成方法は意外と簡単?

裏に画鋲のような刺す部分が付いていて、それを布などに刺し、留めるパーツにくっつけて使うピンバッジ。服やカバン・帽子などどこにでも付けることができおしゃれを楽しめます。針穴が一つ開くだけなので目立たず、気にせずどこにでも刺せます。さまざまな観光地に売られており、雑貨屋などでも見かけることがあるピンバッジですが、作成方法は意外と簡単です。どうせなら自分だけのオリジナルピンバッジを作ってみてはどうでしょう。オシャレ度アップしますし、イベントでおそろいのオリジナルピンバッジを付けることで連帯感も高まります。作成方法ですが、業者にお願いするのもいいですし、本当に自身で作る方法もあります。たくさん作っていろんなところに付けてみましょう。オシャレアイテムとしてだけでなく、額縁に飾ってインテリアアイテムにすることだってできます。

業者にお願いして作ってみましょう

世界中で人気のピンバッジ。さまざまなイベントに合わせたオリジナルピンバッジが作られており、そのコレクターというのも存在します。最近ではインターネットを利用しての注文も可能のため、自宅にいながらにして簡単に作成することができます。プロにお願いするため、仕上がりもきれいです。写真を使ったものから手書きイラストまであらゆるものをピンズに変えることができます。イベントのイメージに合わせた写真やそのイベントのオリジナルキャラクター・皆で考えたイラストなど持込してみましょう。カラーや白黒・素材などの違いによって料金は違ってくるでしょう。まずは見積もりを取り、サンプルを作ってもらって良ければイベントメンバーに配れるような大量製作をしてもらうようにしましょう。

自分でピンバッチを作ってみましょう

大量発注ではないなら自分で作るのもよいでしょう。ピンバッジ製作用のパーツというのも売られているためそれを使用してもよいでしょう。それに、100均アイテムで作る事だって可能なのです。使用するのはくるみボタンキット。布を付けてオリジナルのボタンを作るためのものですが、布の代わりにフィルムと紙を挟みこみ、後ろの糸を通す部分には安全ピンを通すようにするとあっという間に一つ完成です。最初はシワが出ることもありイマイチかもしれませんが、いくつもこなす中で上達していくはずです。100円でいくつも入っているため1つ1つが業者にお願いするよりもずっと安く作ることができるのがメリットです。もちろん、安全ピンのおかげでどこにでも取り付け可能です。いっぱい作っていろんなところに飾ってみましょう。