オリジナルピンバッジを作成する際の注意ポイント

企業や団体など、大きなものになるほど知名度は上がりますが、そのようなときにどのような企業や団体に所属しているのか一目で判断することができるものに、ピンバッジがあります。ピンバッチはすべてオリジナルのデザインのものが作られるため、企業や団体等ではシンボルやロゴマークなどを使うことで印象付けることができます。また、ピンバッジの作成にはオリジナルのデザインが用いられるので、企業や団体などだけでなく、個人やサークルなどがオリジナルピンバッジを作ることもあります。しかし、その際には注意しなければいけないこともあり、ポイントを押さえておかなければいけません。押さえるべきポイントは納期とデザインになり、制作を依頼する際にはきちんと確認しておきましょう。

なぜ納期を決めなければいけないのか

オリジナルピンバッジを作成する際に重要になることが納期になりますが、これは制作方法や費用などに影響を及ぼすからになります。ピンバッジの制作依頼をしてから納期が短い場合、早く作らなければいけないため制作方法も限定されてきます。また、制作方法が限定されてしまうことにより、それにかかるコストも安いものを選択することも難しくなり、結果的に余計に費用がかかってしまうことになります。このようなことが無いように、できるだけ早めに見積もりの依頼をすることで、制作方法もデザインも理想の方法を探すことができます。納期までに期間がない場合には作ることができないこともあるので、納期まで一か月以上余裕を持って見積もりの依頼を行うことが、失敗を少なくするポイントになります。

デザインは明確にしておきましょう

初めてオリジナルピンバッジを作成する際には、デザインをある程度決めておくことが重要になります。ピンバッジのデザインはオリジナルのデザインでなければいけないので、作ろうとするデザインがすでに使われているピンバッジと被らないようにしなければいけません。デザインによっては行うことができる制作方法が違ったり、使用する素材の種類も変わってきたりするので、スムーズに行うためにも明確にしておきましょう。また、以前に作ったピンバッジと同じものを作りたい場合は、その時に作ったピンバッジをもっていくことも重要です。同じ制作会社に依頼するのであれ、別の制作会社に依頼するのであってもサンプルがあることでスムーズに進みます。このようにデザインは重要なものであるので、きちんと決めておきましょう。